Project

General

Profile

【令和6年2月10日(土)】旧正月(睦月朔日)の新月で明けました。

Added by 石﨑 則夫 24 days ago

本日は、355(日月盤五黄土星)・甲辰(きのえたつ・こうしん・干支41番)・先勝・新月・旧正月・たつ(建)・室宿(27宿)・万よし(万良日)・本暦睦月朔日(1月1日)です。
三碧木性・寅・陽 開(かい)・匣(はこ):万物(植物)の種子が固い殻に覆われている状態。生命(いのち)にとって大切な意志が自我の殻を破って昇り進もうとする力。独立心、向上心、勇気。自然木:人の干渉を受けない自然体、天真爛漫さで成長する気質。
八白土性・戊・陽 震を表す。奮・振・伸に通じ、勢いよく生命(いのち)を振動させて成長する旺盛な自己鍛錬。辰は、十二支の中では最も強い運勢力を持っています。7~9時
五黄土性 戊・己 ずばりガイア・地球そのもの。名誉から嫉妬等々何でも引き寄せ、外れたものを破壊し、調和の為の創造を司ります。「威信」をもって、社会の繁栄の為の努力・精進が命題です。意志、不屈、勤勉、実行力。

新月、旧正月、五黄の本日に意識したい特性
(11)屈而起(くっじき):人生の試練や困難を乗り越えて、伸び進んでいく不屈の闘志。

『苦難は幸福の門 (苦難福門) 』丸山敏夫(倫理研究所創始者)
病気や災難、貧苦、家庭不和といった苦難が人生には多くありますが、これらは生活の不自然さ、心のゆがみを教えてくれています。
したがって、苦難に直面したときは、嫌がったり逃げたりせずに、堂々と喜んで受け止め、自分を改めていくとき、幸福の世界が開けるのです。
倫理の17箇条第2

・・・・・
不幸は私たちに与えられた試練である。
この試練を乗り越えたとき、すべてはきっと好転する。
そう信じて、辛抱強く耐え抜こう。
耐え抜いたとき、あなたはとてつもない力を手にしていることだろう。
・・・・・
マハトマガンジー

『かつてない困難からはかつてない革新が生まれ、かつてない革新からはかつてない飛躍が生まれる』 松下幸之助翁

自分が乗り越えられる試練しか天は与えないと先人の名言から学べます。
困難・試練の意味を深く掘り下げ、希望を持ち、辛抱強く耐え抜いていきましょう。
「辛」さを愛と智慧で乗り切ると「幸」せになれると歴史は教えてくれます。
爾後、とてつもない力を手に入れます。
合掌